健康重視の家選び

もしこれから住む家を選ぶとしたら、
『健康』を気にしますか?
 
私は住宅の仕事をしてるのですが、
一般的にあまり知られていないけど、
身内にだったら絶対に教える話は、
実は、いくつかあります。
 
どういう話かというと、
住む家によってあなたの
『健康状態』が変わるという事です。
 
例えば、
 
「毎日鼻水を垂らしている子供が
新しい家に住み始めたら、何故か鼻水を
垂らさなくなっていた」
 
とか、
 
「冷え性で、布団に入っても手足が痛くて
1時間位身体が温まるまで寝付けなかった
女性が、すぐにスヤスヤと眠れるように
なった」
 
などです。
 
どうしてこんな事が起こると思いますか?
 
ズバリ結論を言うと、
「空気環境」と「温熱環境」です。
 
「空気環境ってなんですか?」というと
単純に空気がキレイかどうかです。
 
あなたは「カビ」や「ダニ」は好きですか?
 
ふふふ、そんな人居ませんよね。
 
ダニの糞やダニの死骸は強力なアレルゲン
となるので、いない方が健康的です。
 
ダニは湿度が高い状態で増殖しますが、
どうしてこんなにハウスダストが多いの
かというと、それは、
 
『現代社会の中途半端な住宅性能が
ハウスダストを増やしている』
 
と言えるのです。
 
簡単に言うと、
 
湿度を60%以下にコントロール出来ると、
ダニは生きていけなくなり、勝手に死滅します。
 
身体に悪そうな薬品を使わずに、
湿度をコントロールするだけで、
ダニはやっつけられるんです。
 
そうすると、アトピー性皮膚炎や
喘息の主要アレルゲンであるハウスダスト
を退治することが出来るんですね。
 
要するに「空気環境」とは、
ハウスダストやその他の有害物質を
含まない方が良いということですね。
 
カビもハウスダスト一緒で、
かなり悪さをします。
 
体調が弱っている時にカビを吸い込むと
肺炎になったりするそうです。
 
このカビも、実はダニと同じく、
湿度が55%以下では発生しにくく
なるのです。
 
つまり湿度のゴールデンゾーンは50%
というわけです。
 
では、もう一つの
「温熱環境とは何ですか?」というと、
空気の温度と湿度です。
 
寒い環境で長時間を過ごしていると、
身体の血の巡りはどうなると思いますか?
 
そうです、血流は悪くなりますよね。
 
これは健康的ではありませんよね。
血流が悪いと、免疫力が下がって、
抵抗力が弱ってしまいます。
 
逆に、暖かい環境で体温を高く保てれば
『寒さのストレス』も無くなるだけでなく
身体の免疫力のアップします。
 
もしあなたが住まいを選ぶとき、
『健康面を重視したいです!』
と思うなら次のポイントを抑えてください。
 
●湿度をコントロール出来る家にする
 
●断熱性にかなり力を入れた家にする
 
この2つです。
 
空気清浄装置とかで、後からカビや
ハウスダスト抑えるのではダメです。
 
そもそも発生させないことが大事だからです。
ご要望があればもっと詳しいことも書きます。
 
「ためになったぞ」と思ったら、
コメントをお願いします!
 
いつもありがとうございます。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)