食べ合わせルールを守って膵臓(すいぞう)を守れ!

あなたは長生きしたいですか?
 
「いや、俺は太く短く生きるぜ!」
 
「長生きなんかしないでポックリ死にますよ」
 
という人も居ると思います。
実際私は昔、そう思っていました。
 
長生きしたい、なんて
ダサいと思っていました。
 
でも、今は最低でも120歳までは
生きる予定です。
 
住宅営業をしていて、お客さんと
話すんですよ。そういうことを。
何十年というスパンでも買い物なので。
 
やっぱり、未来のことを想像したら、
長生きしたいと思ったんですよね。
なぜかというと、それは、
子供を育てていることが大きいです。
 
自分の息子達を親に会わせて、
喜んでいる親の姿を見ていると
 
「息子たちの成長をずっと見せてあげたいな」
 
と思うんです。
 
 
子供の成長
我が家の3人息子
 
 
今、長男が小学1年で、次男が4歳、
三男が2歳の、ちびっこ隊なんですが、
小学校、中学校、高校、成人式、社会人と
立派に成長する姿を見せたいと思います。
 
想像してください…
 
あなたが70歳位で、小さい孫がいたら…
 
孫と遊ぶのはさぞかし楽しいでしょう。
まあ、体力は大変だし、おもちゃとか
ねだられると思いますが。
 
その時、今は小さい孫たちが、
立派に大人になっていく過程を
見守りたいと思わないでしょうか?
 
高校生になった孫が、
成人式の晴れ姿を見たいと思いませんか?
 
そういう風に考えたら、
生きていれば楽しみなことが限りなく
次々にあるわけで、どうせ生きるなら
たくさん味わいたいと思ったんです。
 
私が健康オタクを実践している
一つの理由がこういうことです。
 
ということで、長生きしたいなら
『食事』は大切なのは当たり前ですが、
実はその中で重要なのが
 
食べ合わせ
 
なのです。実は、
 
現代社会にありふれた食事の取り方は、
完全に『ブラック企業並の労働条件』
内蔵に強制しているのです。
 
内蔵は、過労、ストレス、鬱状態です。
耐えて、耐えて、耐えて、爆発寸前。
 
あなたはブラック企業で働きたいですか?
 
もしブラック企業で働きたくないなら、
あなたの内臓に対してもっと、
リスペクトしていきましょう。
 
そうでないと、取り返しがつかない
病気になってしまったらアウトです。
 
最大の問題が何かというと、
『消化』が悪い食べ合わせをして、
内蔵に負担をかけることです。
 
食べ合わせが悪い食事をとっていると
内蔵は悲鳴をあげています。
 
その中で、もっとも危険なのは『膵臓』。
 
膵臓(すいぞう)癌になると、
生存率がかなり低く絶望的です。
 
で、何をすれば膵臓を守れるのか?
というと、
 
シンプルな食べ合わせを守ることで、
膵臓への負担は回避できます。
(シンプルに説明します)
 
1,フルーツは他の食べ物とは
絶対に一緒に食べない。
 
食後のデザートの果物はダメです。
果物は身体に最高ですが、混ぜたらダメ。
食べる時は1食分としてフルーツだけを
食べる。
 
そして、フルーツは1種類だけ。
 
バナナとオレンジとキウイとパイナップル
を同時に食べるのは良くありません。
 
2,主食系のものは1品だけ。
 
穀物、イモ類は絶対に混ぜない。
例えば、ラーメンとチャーハンはダメ。
食べたいならラーメン大盛りか、
チャーハン大盛りにするべし。
 
スパゲティとパンも一緒に食べない。
 
3,主食系、果物以外は混ぜてもOK
 
 
4,食事のあとは5時間食べない
 
これは、内臓を休めるためです。
例えば、朝7時、昼12時、夕17時
の3食なら内臓を休めることができます。
 
これだけ守れば、どれだけ大量に
食べてもOKだとしたら、
なんとか出来そうじゃないですか?
 
これであなたは、
お孫さんの成人式の晴れ姿を
微笑ましい目で、バリバリの健康体で
見れる可能性が高くなるのです。
 
この話を詳しく聞きたい方は
X-powerの第2話で仙人さんが
詳しく話されています。
 
 
X-パワーの詳しい内容はこちら 
(第4話まで無料で聞くことが出来ます)
 
cob 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)