絶対に水を飲んではいけない“タイミング”とは?

「水は命の源」です。

だから基本的には1日に1.5Lとか、
2.0Lとか飲みましょう、って話ですが…

『水を飲ではいけないタイミングがある』

と聞いたらどう思いますか?

・・・

実は、食事中に水を飲むのはNGです。

なぜかというと…

胃酸が薄まってしまうから』

です。

胃酸が薄まるとどうなるかというと、
食べたものがあまり消化されないので、
胃腸より後でたくさんの消化酵素が
必要になります。

膵臓などが凄い重労働になるわけです。

しかも、分解しきれないので
痩せにくい身体になります。

あなたは、太りやすくなって内蔵に
ダメージを与え寿命が短くなるのと、

痩せやすくなって内蔵の負担を少なくして
長生きしやすくなるのだったら、
どちらを選びますか?

食事中は水を飲まないことをお勧めします。

水を飲むのは食事の30分前位まで
目安になります。

食べ物を口に入れて大量の水で流し込む
のはダメですよ、ってことですね。

「え、でもそれだと1日に2Lも水を飲めなくないですか?」

と思うかもしれませんが、大丈夫です。

起床後…0.5L
10時…0.5L
16時…0.5L
寝る少し前…0.5L

これで2.0Lになります。

水を飲む量は体重とか体調、運動量に
よって変わるので、1回に0.4Lなら
1日4回飲んで、1日合計1.6Lですね。

こんな感じのタイミング水を飲むのが
ベストです。

もちろん飲み水のクオリティは大切です。

水道水をダイレクトに飲むのはなく、
ミネラルウォーターか浄水器を通した水
が良いです。

抗酸化作用が期待できる水素水も、
良いと思います。

タイミングを気をつけて、
健康ライフをGETしてください。

下の画像は茨城県日立市でGETできる名水。
湧き水には力があるので1ヶ月に1回でも
近くの湧き水を飲むと良いと思います。

ありがとうございました。

cob

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)